呉服一口辞典

紅梅織(こうばいおり)
縦糸または横糸の一方或いは双方の中に、その糸より太い糸を数本合わせて引き揃えた糸を織り込んで、 その部分だけ高く浮き出させる織り方を云う。布面に勾配(こうばい)が生ずるのでこの名がある。縦糸・横糸双方に使って格子状となった のを[四つ紅梅]と云い、夏のゆかた生地等に見られる。


小紋染(こもんぞめ)
手加工による『捺染』染色法の一種。小模様の組み合わせからできている模様、つまり小紋を染めたもので、 江戸時代武士の「裃(かみしも)」地の染から発したものとも云われ、色も単色もしくは二、三色で友禅染の豪華に対し、むしろ 渋さを主眼においている。京友禅に対し東京小紋と称されるのもこの関係からである。普通「型紙捺染」による型小紋が多いが 「手描き」や「墨流し」等の方法でいろいろな模様が作られ、なかにはかなりの大柄や、又色彩の豪華なものもあり、最近では 「友禅染」との境界は必ずしもはっきりしない。


縮緬(ちりめん)
高級絹織物の一種。強撚した生糸を横糸にして、これを右撚りと左撚りを交互に織り込み、織上げ後、温湯の中で 揉みながら糊を抜く。この際、織上重量は25%練り減りし、撚りが戻って右撚りの糸は左に、左撚りの糸は右に分かれて表面にシボ(しわ) が表れ巾も収縮する。これを更に湯のし仕上げして巾を出し揃え、蒸気によってシボ止めを行う。白生地で取引きされ用途も広く、小巾 呉服の王者的存在である。丹後(京都)、長浜(滋賀)が代表的産地である。


名古屋帯(なごやおび)
女帯の一種。現在ではその大半をし占める。背部の結びの部分だけを一巾(鯨尺、八寸ないし九寸)とし、巻き付ける部分を半巾に縫い合わせて仕立てが出来る。
大正五年頃名古屋で創られたが、普通の合わせ帯が表地、裏地各鯨一丈を要するのに対し、一丈二尺で裏なしで出来るのと、着用が比較的簡単なため全国的に普及し、 今ではただ帯地といえば名古屋帯地を連想するぐらいになっている。
無地や縞もあるが、柄物は表となる部分全体に柄のあるものと、 結んだ前の部分と背中の太鼓の部分だけに柄をあらわしたものがある。


紬(つむぎ)
絹織物の一種。(真綿)を手紡ぎした紬糸を縦横糸に用い、手織機を使って念入りに織り上げたもの。 柄は縞や絣が多く、白紬、紬縞、紬絣などの種類がある。外観は素朴で独特の味があり、趣味的商品として喜ばれる。 製織に長時日を要するため価格は高い。茨城県の結城紬、石川県の白山紬、長野県の上田紬、鹿児島県の大島紬、 山形県の長井紬などは昔から有名である。


八掛(はっかけ)
袷のきものの裏地、裾回し布のこと。身頃四つ、おくみ二つ、衿先二つ、合わせて八つに裁って用いるのでこの名がある。 普通は小巾一丈(3.8m)である。
無地のものや、小紋柄のものを使用する事もあるが、 現在は白地で表地と合わさる部分をぼかした(ぼかし八掛)ものを用いることが多い。
なお八掛を表地と合わせるには
(1)表地の地色と同色にする
(2)表地と同系統の色にする。この場合派手色は薄くすると、より派手目に、 濃くすると地味目になる。
(3)反対色を使う。(紺の地色にエンジ等)(4)模様の中の一部の色に合わせる等の方法がある。 



 着物に関してわからない事があればメ-ルにてご質問下さい。
maruig@e-marui.net