熊本県益城町を視察

平成29年11月8日

 私達、会派新風は熊本地震の震源地の益城町を訪れ、被害状況や当時の地震に対する対応、その後の復興状況などを視察研修をしました。

益城町議会事務局長様に説明を受ける。  熱心に説明を聞く新風議員 
     
    熊本地震は平成28年4月14日(21:26頃)にマグニチュード6.5・震度7の地震があり、続いて4月16日(1:25頃)にマグニチュード7.3 震度7の地震に見舞われました。
益城町は人口3万3千人(世帯数12,945)の町で蟹江町とほぼ同じぐらいです。1年半ほど経っていますが、役場庁舎は、まだ仮庁舎でした。土地柄、台風の対策はしっかり出来ていたが、地震は想定していなかったとのことを聞き、やはり災害は何が来るのか分からないので、防災の準備はしっかりとした対策が必要だと感じました。
 地震で崩壊した熊本城の一部